スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーゴソロモン×ロートターキス

書き込もうと思ってからだいぶ時間が空いてしまいました。
今回はラーゴソロモン×ロートターキスについて少々。

s-s-IMG_9076 - コピー

私がドイツブリランテターキスとドイツロートターキスから作出したメス個体に、
日本に一番最初の便でやってきたラーゴソロモンのオスを交配いたしました。
オスは現在も現役で、17~18センチくらいの大型魚です。

この交配で得られた子たちをご覧ください。
まずは去年の写真を1枚。

s-IMG_7536.jpg

そして2010年2月の写真です。

s-IMG_3406.jpg
s-IMG_4059.jpg
s-IMG_4060.jpg

オス親に使用したソロモンは、センターバーの遺伝子を持っているようで、
1・2割程度ではございますがセンタバーが出現しました。
現在はセンターバーの出現が少しでもある個体を中心に、20枚ほど飼育しております。

なぜ今回この子たちを紹介したのか?と申しますと、実は昨年より私の作ったディスカスが
なぜか!?海外から問い合わせ殺到しております。最近では今回紹介の子たちが人気があり、
有名ブリーダーからも魚を売ってほしいだとか、交換してほしいだとか言ってきております。
問い合わせは北米からが一番多いです。派手な改良品種が多い中で、ワイルドクロスなどの
ベースフィッシュがほしいらしく、また昨今のワイルドブームも影響しているようですね。

私は私が子供のころに見た、欲しくても買えなかったディスカスを作っているだけにすぎません。
その結果で作出されたディスカスに興味を持ってもらえることは、うれしいものです。
今回紹介した子たちがいるのはストックルームのほうです。趣味の魚ですね・・・。
ご来店頂いているお客様はいつも見てますね~。何も隠すものもありませんし(笑)


それでは最後に、前回紹介したヘッケルの子たちの成長を載せます。

s-IMG_4077.jpg

上の写真はヤムンダヘッケルクロス×ヘッケルクロスブリードです。
10円玉にひれをつけたサイズですが、少しバンドが濃くなってきました。


これより下の写真は同じオス親にロートターキスをかけたものです。

s-IMG_4078.jpg
s-IMG_4082.jpg
s-IMG_4083.jpg
s-IMG_4084.jpg

こちらは大きいもので7cmくらいはあります。
販売サイズではありますが、まだ卸売りしかしてません。

それでは今回はこの辺で。
また時間を見つけて書き込みます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
facebook
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

nabe

Author:nabe
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。